【エピソード1】 マスク工場 ~品質にはバラつきがあります~ 

 

はい!
皆様こんにちは!

 

 

みさきの部屋オーナ兼
美咲会の情熱サポート役
『 美咲・ミサキーヌ 』です!!

 

さあ!!
今回は記念すべき『 エピソード1 』!!

 

 

いっちゃいましょう!
ドンッッと!!
ご紹介しちゃいます!!
、、、、、、、、、なんだか
通販番組の言い回しに聞こえてくるのは
なぜだろう、、、、、、、

 

まあ!!
そんなことは気にせず!!

 

 

どうぞ最後まで
お付き合いくださいませ♡♡♡
先日、みさきの部屋を飛びだし
みずほ苑へお邪魔した時のこと、、、

 

 

カタカタカタ、、、、、、、、、、、、、
んっ??!
ザクザクザク、、、、、、、、、、、、、
カタカタカタ、、、、、、、、、、、、、
あ“―――――――――――――――!!
んっ??!
何事??!

 

 

どこからか聞こえる
謎の機会音と悲鳴に似た奇声。

 

音のするほうへ向かうと、
驚きの光景が広がっていた。

 

机に並べられた布やハサミ、アイロン、
それにミシンが数台。
えっ、、、、、、、、、、、
工場ですかここは??

 

なんと!!

 

ミシンに向かって作業しているのは
副施設長ではないですか!!

 

他にも、各係長や職員の方々が
布やら糸やら色々広げて
せっせと作業をしている!?
そう
謎の機会音の正体は、ここ。

 

ウイルス感染により、マスク不足が騒がれる中
なにか出来る事は無いかと模索したのち!!

 

利用者様を守るため!!

 

まず働く職員の予防徹底に繋がるよう
マスク制作を考案!!
手製の布マスク制作に取り組んでいたのです!!

 

副施設長が工場長となり、
職員が仕事の隙間を縫って工場員に!!

 

3月からマスク制作を始め早一カ月、、、
マスクが完成するまでに
色々なエピソードがあったんだとか、、、

 

細かい作業が苦手な男性職員も
ハサミと鉛筆を持ち
布を型取り、ハサミでチョキチョキ、、、
最初は慣れない作業でも
布を無駄にしない独自の型取りを発明し、女性職員にほめられたり♫

 

ミシンが苦手でも
マスクを製造していくうちに上達して
趣味がマスクを作る事になったり!!

 

マスクをいち早く!職員に届けるために
気合をいれるも
ミシンの気合の方が勝って布を巻き込み
「 あ“―――――― 」
と奇声をあげ
「 B級品だけど、まあいいか♡ 」
と開き直り、笑いが起きたり♫

 

そこには
「 笑い 」と
「 笑顔 」と
「 情熱 」が
溢れるエピソードがてんこ盛りだったのです!!

 

『 美咲会の明るく!ハッピー!なエピソード! 』
発見!!

 

さあさあ
心がぽかぽかしてきたところで♡

 

エピソード1
 『 マスク工場 ~品質にはバラつきがあります~ 』 おわり♡

 

あら!!
そういえば、、、!!

 

「 マスクのヒモがない!? 」
なんていう方に耳寄りな情報を♡

 

「 使わなくなったヒートテック 」
を代用してヒモに活用するといいんですって!

 

耳にかかる負担も軽減出来て
おすすめみたいですよ♡

 

よろしければご参考に♡

 

さーーーーて!!
次回は何が発見できるかお楽しみに!!

 

最後までご閲覧頂き
誠にありがとうございました!!
それではまた!!
『 みさきの部屋 』でお会いしましょう♫

 

以上、美咲・ミサキーヌでした♡
次回予告
エピソード2
『 美咲会にもあったかい春が訪れて 』