「いいケアをしたい」介護にたずさわる人なら誰もが思うこと。
ここには、介護の魅力がたくさんつまっています。


利用者にとって安心して過ごせる場であること

先輩スタッフの声

木下 佳美(きのした よしみ)

所属 特別養護老人ホーム
介護副主任
入職 平成16年
資格 介護福祉士、介護支援専門員

みずほ苑で働き始めて、今年で10年目。たくさんのご利用者との出会いがありました。
ご利用者のケアを行っていて、いつも考えるのは、その方にとっての「安心」ってなんだろう・・・?ということ。
一人ひとりに人生の長い歴史があり、望む生活や安心できる環境は、人それぞれに違うはず。
けれど、苑で生活している方のなかには、自分の思いや希望を伝えることが難しい方もたくさんいます。
そういう方の思いに気づき、その人の望むケアにつなげていく。私たち介護の専門職の力の見せ所です。
ご利用者から、笑顔や「ありがとう」の言葉が返ってきたとき、うれしさにプラスして、ちょっと誇らしい気持ちになれたりもします。私がご利用者と関わる際に心がけているのは、まずはその方を知ろうと思うこと。
小さなつぶやきや、ちょっとした表情・行動の変化にも気づくこと。
そこから見えてくる、ご利用者の「真の思い」に気づくこと。「気づき」はケアの出発点だと思います。
私の「気づき」がご利用者の「安心」につながればいいなと思い、日々仕事をしています。

地域の方々にとって安心して頼れる施設であること

高野 祥弘(たかの よしひろ)

所属 在宅介護支援センター
入職 平成14年
資格 社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員

 

元々、人と話しをするのが好きだったので、ご利用者やご家族、関係機関の方たち等、いろいろな人と接する機会が多いこの仕事にやりがいを感じています。
最近、相談先をみずほ苑にした理由を尋ねると、「昔、父親もお世話になったから」や、「近所の人にみずほ苑をすすめられて」と言う方に出会うことが多くなりました。このような話を聞くたびに、ここを頼っていらしてくれたことに感謝し、身が引き締まる思いがします。
また、地域社会の一員として、ゴミ拾いや、町のお祭りなどの行事には積極的に参加しています。認知症介護のことを知っていただきたいと始めた「寸劇」はとても好評で、何度か公演をしています。地域にしっかりと根をはり、地域と交流がもてる…。自分のことを知っている方が増えて、地域の方々とも近くなった気がしています。
ボランティアさんが施設を訪ねてくれることもありがたいことですね。
自分の仕事のモットーは「言葉遣いは丁寧に」。
また、笑顔と元気を忘れずに仕事に取り組むよういつも意識しています。
「みずほ苑があるから安心」「困ったことがあったらみずほ苑に相談」と一人でも多くの方が思ってくださったらこんな嬉しいことはありません。

働く職員にとって豊かな人生を築ける職場であること

高橋 美津枝(たかはし みつえ)

所属 デイサービスセンター
入職 平成14年
資格 介護福祉士

今では2児の母として仕事を続けているけれど、仕事をしながらの出産・子育て。両立できるのか・・・、何をどうしたらいいのか・・・、とても不安でした。みずほ苑には、働く職員のための制度があり、サポートしてくれる力強い仲間もたくさんいます。産前休業前に体調を崩し、急遽入院になってしまった時は、傷病休暇のおかげで、無事に出産することができました。今は、2時間の育児短時間勤務制度を利用して仕事をしています。早めに帰宅することができるので、その分子供との時間も作れます。とてもありがたいことです。出産前に子育てに専念するべきか仕事と両立できるのか悩みましたが、選んだ道を今は信じて進んでいます。仕事をしているからこそ、自分の人生も豊かになっているはず。苑での会議や、福利厚生のイベントなどには、子どもを連れて参加していますが、デイサービスのご利用者は温かく接してくださるし、他部署の職員までも子どもと一緒に遊んでくれます。理事長や苑長もいつも笑顔で声を掛けてくれます。周りの環境が良く、安心して連れてこられるので、子どももみずほ苑に行くのが大好き。子どもにとっても様々な人と関わり、大事にされている経験は育ちのなかで貴重だと感じています。これからも働くママとしてがんばります!!

「ありがとう」のことばがうれしい!!

鈴木真苗(すずきまなえ)

所属 管理部
入職 平成19年

みずほ苑は笑顔あふれる明るい職場です。
事務の仕事はデスクワークが主ですが、ミスの許されない緊張感のある仕事です。そんななか素敵な仲間に恵まれて働けることを誇りに思います。
受付はみずほ苑の顔。勤務中はいつも笑顔を絶やさないようにし安心感と好印象好印象を与えられるように心がけています。お客様をお待たせしないこともモットーです。自分の名前と声を覚えてくれている方がいる。とてもうれしいことです。

 

 

印刷用PDFはこちら

アドビpdfリーダー PDFファイルを閲覧するには無償配布のAdobe(R)Acrobat(R)Readerが必要です。
お持ちでない方は「Adobe Acrobat Reader」のダウンロードページで入手できます。